まだまだ
朝晩、寒いですが、
昼間は、ぽかぽか
いい陽気
なってきましたね 

御利用者様が、
よく、
『奈良の「お水取り(修二会・しゅにえ)」
が、終わると、
奈良に春が訪れる』
と言う、
利用者様同志の
季節の会話を、
耳にします

近所だけでも、
数か所にある、
菜の花畑
見に行ってきました
20170312_111828
母ちゃんちのまわりには、
こんなところが沢山あります
農家さん、
癒される場所のご提供、
ありがとうございます

梅は、ボチボチ終りかけですね
しだれ梅
観に行きたかったなぁ~
20170312_113234

20170312_113242

『河津桜』は、
今、綺麗に
咲いていますが、
もう少ししたら、
桜の季節ですねぇ

お散歩中に、
おなじみの
春の草花等を
みつけました

雑草扱いする時もありますが、
よく見ていると、
可愛い花も多いので、
『草花・野草』と言う
分類ににしました

庭仕事中
可愛いな
と思って、
残しておいたら、
この後、増殖し、
えらいことに
今は、草ひき中に
一緒に
抜く草もあります

『タンポポ・蒲公英』(キク科)
20170312_111138

『シロバナタンポポ・白花蒲公英』(キク科)
20170312_112715

『つくし・土筆』(トクサ科)
20170312_115814

ひっつき虫(服につく種子等)
『オナモミ・葈耳・巻耳』(キク科)
20170312_120011

20170312_120149

『ホトケノザ(仏の座)
  サンガイグサ(三階草)』
  【シソ科】
20170312_111102
そのうち、田んぼや畑を、
この植物が
ピンクの絨毯
染めてしまいます
うちの庭にも沢山、
あっとゆうまに、
生えてきます
20170312_112134
『ホトケノザ』
と言うので、
春の七草の一つの
『ほとけのざ』だと、
思っていましたが、

食べれるほうの
七草のほうの、
『ほとけのざ』は、
『コオニタビラコ』で、
(キク科)の
別の植物です。
ややこしいですね
食べなくてよかったぁ

近似種に
⇓があり、
違いは、
『ホトケノザ』は、
名前からも
連想できるように、
二枚の葉が
茎をまく形が、
仏像の台座の
蓮華座に
似ているところで、
茎が、見えてるのが
『ヒメオドリコソウ・姫踊子草』(シソ科)
と、違うところです

【帰化植物】…人間の媒介で渡来。外国の植物
『ヒメオドリコソウ・姫踊子草』(シソ科)
『モミジバヒメオドリコソウ・紅葉姫踊子草』(シソ科)
どちらかな⇓
BlogPaint


名前のわりには、
可愛らしい、
この小さな
青い花をみると、
春が来たなぁ~と、
感じます
【帰化植物】
『オオイヌノフグリ・大犬のふぐり』
(ゴマノハグサ科)

もともと、
『イヌノフグリ』と言う、
日本在来種が
あったそうですが、
『オオイヌノフグリ』のほうが、
花も草丈も、大きめ。

“フグリ”って言うのは、
睾丸のことで、
この花の果実の形が
犬の睾丸に、
似ていることから、
つけられたんだそうです
20170312_121537

道路の溝の
コンクリートの隙間に、
『オオイヌノフグリ』の横に
生えていました。

『勿忘草・忘れな草』(ムラサキ科)
に似ている感じですが、
多分、
『キュウリグサ・胡瓜草』(ムラサキ科)
葉をもむと、
きゅうりの匂いがするらしく、
名前がつけられたそうで、
『タビラコ』とも言う。
20170312_121517

持ち帰った
草花等を、
飾る弟君
20170312_121945

BlogPaint